「01光コアラ with ドコモ光」ISP利用規約

第1条(本利用規約の適用)
 この利用規約は、株式会社コアラ(以下「弊社」といいます。)が、株式会社NTTドコモ(以下「ドコモ」といいます)が提供するドコモ光サービスにセット販売される(バンドルされるとも言います)「01光コアラwith ドコモ光」名称の弊社ISPサービス(以下「本サービス」といます)の利用について規定するものです。
 本サービスの利用者 (以下、「利用者」といいます) は、利用申込みを行った時点で、本規約の内容を承諾すると同時に別途定めている「COARA 会員規約」にも同意し入会しているものとみなします。
第2条(本規約の適用範囲及び規約変更について)
 本規約は、本サービスの利用に関し、弊社及び利用者との間に適用されます。なお、弊社は利用者の承諾を得ることなく本規約を変更できるものとし、利用者は変更後の利用規約に従うものとします。
 当該変更・改訂は弊社ホームページ上に公開、あるいは、弊社内にて関連資料を整備告知する等とします。
第3条(本サービスの内容、告知について)
 本サービスは、ドコモ光にバンドルされるISPサービスであり、
  • インターネットへの接続、
  • 1メールサービスの提供
 を基本サービスとして有償で提供するものです。
 接続スピード、メール容量等、本サービスの具体的な内容、詳細につきましては、弊社ホームページ等、弊社が用意する告知方法で別途告知します。
 また、弊社は利用者の承諾を得ることなく本サービス内容を変更できるものとします。
第4条(本サービスの利用申込み)
 本サービスの利用申込みは、ドコモが別途定めるドコモ光利用申込みにより行うものとします。
 その利用者の申込みに対し、ドコモが別途定める利用承諾並びに弊社の利用承諾をしたときに本サービスの利用契約(以下「ISP契約」といいます)が成立します。
 また、ドコモ光と契約異なる名義で弊社ISP契約ができるものとします。
 但し以下の場合は、ISP契約をお断りさせていただきます。また、弊社は、ISP契約の拒絶理由を開示する義務を負わないものとします。
1. 利用者が利用申込みに際して当方に虚偽の事実を申告した場合
2. お申込みフォームの送信内容に不備がある場合
3. 利用者に、最初から明らかに注文の意志がないと見受けられる場合
4. 利用目的が、第三者を誹謗中傷した、公序良俗に反する等、弊社が本サービスの提供上支障があると判断した場合
5. 法に触れるアダルトコンテンツ利用等が行われる場合
6. 他人の著作権その他の権利を侵害または侵害する恐れがある場合
7. 受注過多によりお請けできない場合
8. ドコモがサービス提供をお断りする場合
9. その他、弊社が不適当と判断した場合
 なお、弊社での本サービス利用申込みの受付が可能となる場合は、別途定める方式にて利用申込みを受け付けます。
第5条(契約の成立、利用料金の支払いについて)
 第4条のISP契約の成立には、ドコモが別途定める利用料金の支払い、並びに支払い方法の合意がなされるものとします。
 本合意に基づき、
1.弊社のISP料金はドコモの基本使用料に合算して請求いたします。
2. 弊社のISP利用料金債権はドコモに譲渡され、ドコモより請求いたします。
3. ドコモ光契約と弊社契約の名義が異なる場合、ドコモ光に係る弊社請求はドコモ光契約者が債務を引き受けるものとします。
 なお、第3条で定める基本サービス以外の弊社独自のオプションサービスの利用は、別途定める弊社へのオプションサービス利用契約並びに弊社への直接の支払い合意が必要になり、その後、オプションサービスが開始されます。
第6条(本サービスの継続)
 本サービスは、利用者からの解約、あるいはドコモからの解除、または弊社からの解除が無い限り、別途定めた内容にて毎月サービスが継続提供されます。
第7条(契約者による解約、契約終了時の措置)
 契約者は利用契約を解約する際は、ドコモに対しドコモが定める手続きに従い解約手続きをするものとします。
 なお、ドコモ光を解約後も、引き続きISPとして弊社の「01光コアラ」を継続利用する場合は、別途弊社の定めるISP利用契約が必要となります。
第8条(契約終了時のデータ消去について)
 契約が終了した場合、弊社は、メールデータ等、弊社内に記録されている当該利用者に関わるデータを、弊社が必要ではないと判断した時点で削除するものとします。
第9条(弊社並びにドコモによる契約の解除・停止について)
 次に掲げる事由に該当する場合、弊社は契約者(利用者)に対し何らの通知・催告をすることなく直ちに弊社契約の解除、あるいは停止することができるものとします。
 その際、弊社はドコモに申し入れを行い、ドコモは所定の手続きを行うものとします。
1. 第4条の契約の拒絶理由のいずれかに該当する場合
2. ドコモが契約解除を行う場合
3. その他本規約に違反した場合
 なお、解約の場合、利用者の弊社内に記録されている該当利用者に関わるデータ等は消去され、弊社は契約者(利用者)が被った損害について賠償その他一切の責任を負わないものとします。
 また、解約・停止に至った場合、既にお支払い頂いた利用料金は返還いたしません。
第10条(サービスの中断について)
 弊社は、次に掲げる事由がある場合は、本サービスの提供を中断することがあります。
1. 弊社が管理するサーバーその他電気設備の保守・工事等のためやむを得ない場合
2. 電気通信事業者等が、弊社へのサービスを中断した場合
 弊社は、本サービスを中断する場合には、利用者に対して事前または事後にその旨ならびに理由および期間を通知します。ただし緊急を要する場合はこの限りではありません。
 上記各事由に基づき本サービスの提供を弊社が中断した場合、弊社は、利用者が被った損害について賠償その他一切の責任を負わないものとします。
なお、中断が、別途ドコモが定める「料金返還」に該当する場合は、ドコモの定めに従い、ドコモの定める方式にて返還処置を行います。
第11条(サービスの変更・停止・終了)
 弊社は本サービスの一部又は全部を変更又は終了することがあります。
 重要な変更や停止を行う際は、利用者に対し、変更・停止する前に適当と思われる期間を設け、弊社の定める方法によりその旨を告知あるいは通知します。
 サービスを終了する際は、ドコモと協議の上、利用者に対し、終了する前に適当と思われる期間を設け、ドコモあるいは弊社の定める方法によりその旨を告知あるいは通知します。
 弊社は、利用者が以下の各号に該当する場合には、弊社の合理的な判断に基づき利用者に事前に連絡することなく、本サービスの運用の全部または一部を中断・停止することができるものとします。
1. 天災、事変、その他の弊社の過失に基づかない非常事態が発生しまたは発生するおそれがあり、電気通信事業法第 8条に定める処置を取る場合、あるいは、その他の弊社の過失に基づかない非常事態が発生し、もしくは発生するおそれがある場合
2. 弊社の過失に基づかない電気通信設備の障害や保守上または工事上やむを得ない事由が生じた場合
3. 前各号の他、弊社の故意または重過失に基づかず、弊社が必要やむを得ないと判断した場合
 弊社は、前項各号に基づき本サービスの運用の全部または一部が中断・停止されたことによって生じた利用者の損害については一切責任を負いません。
 なお、サービスの変更・停止・終了が、別途ドコモが定める「料金返還」に該当する場合は、ドコモの定めに従い、ドコモの定める方式にて返還処置を行います。
第12条(個人情報の保護について)
 弊社は、利用者の情報を弊社の「個人情報保護方針」に基づき、適切に取り扱うものとし、会員等の個人情報を本人の承諾なく本人以外の者に開示、提供しません。
 しかし、刑事訴訟法第218条(令状による差押さえ・捜索・検証)その他同法もしくは犯罪捜査のための通信傍受に関する法律の定めに基づく強制の処分その他裁判所の命令もしくは法令に基づく強制的な処分が行われた場合には、該当する処分、命令の定める範囲で個人情報を開示します。
 なお、弊社サービスの円滑な提供を確保するためや、サービス向上を目指して個人を特定できない態様(統計情報に付するなど)においてのみ個人情報を加工・分析利用ができることとします。
第13条(免責事項)
 弊社は、本サービスの利用にて利用者が被った損害に対して、ドコモが別途定める「料金返還」該当事項を除き一切責任を負いません。
 また、ハッカー被害やウイルス被害、情報通信環境悪化、サーバやアプリケーションの不具合等によって利用者に損害が発生した場合も、いかなる責任も負いません。
 第三者から弊社に対して、利用者が行った行為に関する損害賠償その他のクレームがあった場合には、利用者が自己の責任と負担において対応するものとします。
 本サービスは万全の体制で提供いたしますが、全ての環境下で正常に動作することを保証するものではないことを、利用者は承諾するものとします。
第14条(管轄裁判所について)
 本規約に定めのない事項および利用契約に関して利用者と弊社との間で問題が生じた場合には、利用者と弊社で誠意をもって協議するものとします。本規約に関する訴訟については、ドコモが定める事項を除き、福岡地方裁判所を第一審の専属合意管轄裁判所とします。

(附則)本規則は2015年2月16日より実施します。